100年ダイアリー

人生100年、明るく楽しく生きるためのライフスタイルを実践するブログです。

映画「天気の子」観賞記

f:id:hirokichi794:20190901190532j:plain

映画「天気の子」観賞記

 台風15号が関東地方に接近しているこの日(9月8日)に「天気の子」についての記事を投稿します。小学1年生の娘が観たいというので観に行きました。筆者は、今年で50歳になったので夫婦50割引き(夫婦で2400円)で小学生の娘二人と鑑賞しました。この映画は興行収入100億円を突破しているヒット作です。新海誠監督の前作

はこれまた大ヒットした「君の名は。」筆者は観ていませんが妻と子供たちが大好きな映画なので今回は一緒に観ました。物語は男子高校生が故郷である伊豆七島神津島から家出をして新宿まで来て一人で生活を始める話です。歌舞伎町のネットカフェにこもってスマホでバイト先を探しながら都会での生活を始めます。この導入部に筆者自身の少年時代を思い出しました。筆者は31年前の昭和63年(1988年)に小田急線沿線にある専門学校を受験するために歌舞伎町のカプセルホテルに泊まりました。合格するかどうかは当然わからずに大阪から深夜バスで上京しました。旅費を安くするために。未来に対する期待と不安が入り混じったあの当時の心境を思い出しながら主人公に自分なりに感情移入ができました。この映画のネタバレをするつもりはありませんが、若い人に受けている映画らしくテンポが速くドラマティアックな展開でアクションシーンもあり疾走感を感じる映画でした。今夜は都内の鉄道が22時で運行を止めるそうで映画館の上映もどうなるのでしょうか?最終上映の客は帰宅できるのか気になります。特にこの映画を観終わっているので切実にそのように考えてしまいます。

ブックサプライ

 

プレミアム会員登録用バナー