100年ダイアリー

人生100年、明るく楽しく生きるためのライフスタイルを実践するブログです。

やっと走れました。 継続は力なり。

 

f:id:hirokichi794:20200620205054j:plain

  今日は週末では久しぶりの好天気で、昼間は夫婦で買い物に行き夕方になると涼しくなってきたので2週間ぶりにウォーキングを始めました。一応は布マスクを濡らして家を出ましたが、最近は気温が高くなってきたのでジョギングしている人の多くはマスクをしていませんでした。近所の川沿いのコースでは走る人も多くなく、十分にソーシャルディスタンスが取れているのでよろしいのではとおもいます。マスク着用で運動した人が熱中症で倒れるとの報道もよくキャッチしましたので、この問題は本人が自主的に判断すればいいのではと思います。筆者はウォーキング中、万が一人と話す場合に備えてマスクを顎に当てていました。その機会はありませんでしたが。
 ウォーキングを開始してお腹の張りが気になってきました。トイレが気になりだしました。そのうちにだんだんと不安になっていき早く帰りたいと思うようになり、いちかばちか久しぶりに走ってみるかと考えました。そのように考えたのは走ることに不安があったからです。以前の記事に「走りたいのに走れない」と投稿しました。記事の内容は走り出すと5分後にふくらはぎが痛くなり走れなくなるという事でした。原因を調べると筋力不足であることがわかりました。20年ぶりのジョギングだったのでしかも当年50歳過ぎということで長年の運動不足による筋力の低下が原因という事でした。その解決法としてスクワットが良いという事を知り、あれから2か月間、職場の昼休みに毎日スクワットを50回続けてきたのです。いつかは5kmを走れて皇居一周をしたいために。そして、本日走ってみたのです。ウォーキングで15分間十分に体を温めて筋肉がほぐれてきたので。まずは5分走れました。安心して続けてあくまでゆっくりと走っていくとゴール近くまで20分間痛みなく走ることができました。うれしくなりましたね。毎日のスクワットで筋力がついてきたのですね。まさしく継続は力なりです。今後の課題は継続して痛みなく走ることができるかです。痛みが感じないのであれば走る距離を伸ばしていきたいですね。そのためにもスクワットを継続していきたいです。こんな拙文を最後まで読んでいただきありがとうございました。